Project Gem

企画のこと、日常について烏丸がなんか言ってるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しております。
ProjectGem代表の烏丸です。

2011年10月10日
2012年11月03日
2012年11月24日
2014年03月14日
2014年08月25日
2014年10月12日

なんの日でしょうか。

正解は上から、

蟲喰いノ哭 WEBサイト設立
アイニビ 本編公開
蟲喰いノ哭 体験版配布開始
Sh[in]e ゲーム配布開始
Vendetta 本編公開
牟奄-ムエン- ニコニコ自作ゲームフェス4エントリー


今年はもう2016年…
毎年同じようなことを言っているような気がしますが。


公開時から設立している
蟲喰い体験版 Ver0.1のアンケート、
昨晩、300通目の回答が届きました。
メッセージの一番最後にあった『応援しています!!』


ありがとうございます!!!!


この方だけでなく、メッセージをくださる皆様には
本当に励まされております。


他の作品は一旦完結という区切りを終えている中、
一番最初に始めた蟲はいまだ製作中という状態です。

長い時間を使ってなにをやってるんだろう
と思われることも多々ありました。

気を抜いていた時期がなかったとは言いません。

他でもない私自身が
インターネットや趣味自体から距離をおきたい~なんて
「普通の女の子にもどります!(マイクそっと置く)」みたいな
よくわかんない駄々をこねていた期間もありました。
本当に申し訳ない!

5年もあればいろんなことがあり、
こうやって自由に気持ちを文字にできるブログなんかでは、
ひとたび書き始めればポロポロと書きたいことがあふれてきます。

でも、そういったことは完成するまで
もう少し胸に秘めておきたいと思います。

ただ今お伝えしておきたかったのは、
待っていてくださっている方、一緒に頑張って頂いている方、
ここのブログもそっと覗いて下さってる方、
ありがとうございます。

もう少し、お待たせいたします。

スポンサーサイト

また広告がでてました。

また広告が出てました。

ゲームオブザイヤー?ニコニコ超会議?
書くネタいっぱいあったのに…(´A`。)アアア…

最近、ツイッターでムエンの動きはちょいちょい報告ができているものの
蟲についての進捗状況がなかなかできずにおりました。


蟲、のっそりのっそり作っております。

シナリオ面は、今年に入り共通ルート部分がほぼ完成となり、
現在はそれぞれのキャラクタールートの製作に入っております。

キャラルートってルート確定したキャラにスポットを当てた話になるじゃないですか。
蟲の攻略キャラはかわいそうな生い立ち設定の子が多いので、
シナリオを読めば読むほど、キャラが苦しめば苦しむほど、
こんな鬼のような設定作ってごめんね…みたいなダメな母親みたいな気分になります。
そして、こんな鬼のような設定を綺麗にまとめてくださっているシナリオ様にも土下座したくなります。

そんな鬱々しい雰囲気で作っております蟲喰いです。

うそです。

とっても楽しいですよ!!!!!!!


ちなみにグラフィック関連は、スチルは概ね順調に進んでいたので、
一旦スチルの作成よりも、それ以外の衣装差分・背景・アイテムを中心に現在製作をすすめております。

意外とゲーム内で必要な画像って、キャラ絵よりもこういうものの方が多かったりするんですよね。

たとえば序章で登場しているこの蟲雛とか。
蟲雛

蟲喰いノ哭の舞台となる屑芭村には、さまざまな因習があるので、
設定も多く、その分をちゃんとシナリオ内で説明しなければいけないので
こういったアイテム画像なども、結構必要か数がでてきてしまうんですよね。

ゲーム内で表示するのはほんの一瞬ですが、作るのも一瞬というわけではないので
キャラクターイラスト以外のグラフィック部分も、見て楽しんでもらえると嬉しいです。






と、最近の企画事情についてお話しましたので、
ついでに最近の烏丸さんについてもお話するとですね

ペンタブのペン失くしまくるという謎の現象にみまわれておりまして
今まで買い換えたタブレット×本数のペンがあったんですが、
まあ見事にラストワンになりまして。

補充しようとおもってアマ●ンさん覗いたら、
このペン結構なお値段するんですね…オーソドックスなオプションペンでも5000円越えって…(泣)

なんとか安上がりで購入したいと思って中古をめぐってたら、
Intuos4とペン3本セットがあったので迷わず購入。
全部合わせてペン1本分ちょっとのお値段だったのでお買い得でした。

Intuos5 pro持ってるので、Intuos4は必要ないのですが、せっかくなので出張用に使います。

で。
入手したペンなんですけど、前から試したかった特殊ペン揃いでして
せっかくなのでパシャリ。

S__3997758.jpg


プロペンは前から持っていたもので、ほかが新しく入手したもの。
それぞれの感想は…ずばり、プロペンが一番使いやすいです^q^

アートペンは、ちょっとグリップ部分が太めなので、ドクターグリップのようなイメージ。
頭の部分も太めなので、ペンの先端位置がちょっと確認しずらいかも…。
課着心地はまったりなめらかでした。
専用のマーカーっぽい太目のペン軸とかついてるのはなにかと使えるので、塗り向きかな。

一方プロペンは頭がスリムで、オプションペンより軽いので
シャシャッと線が描きやすいです。
細かい作業に最適に思います。

オプションペンは可もなく不可もなく。
というか、よほどこだわりを持ってるひとでない限り、
いうほどほかのペンの違いを劇的に感じることはないと思います。

あ、スプレー型のやつはエアブラシ多様する人には便利なのかもしれませんが
私はうまく使いこなせませんでした^q^
普通のペンとして使えないことはないのですが、ちょっと握り方が落ち着かない!


ところで必ずついてくるカラーリングってなんのためにあるんですかね!
ペン別に識別してくれる機能とかあるのかとおもったら
ただのオシャレ用具っぽくて悔しかった。


牟奄ファミ通掲載報告!&自作ゲームフェス勉強会レポ!

みなさんお久しぶりです。
この入りがテンプレ化してます烏丸です。

いつのまにか年が開け
バレンタインも何事もなく過ぎ去り
ホワイトデーがもうすぐだというこの頃に
もしかして今年1回目のブログ更新ですか?ごめんなさい


S__3751967.jpg

じゃじゃ~~ん☆

本日12日発売のファミ通 2015年3月26日号で牟奄が紹介されました!
インディーゲームコーナーの186と187ページです!
感無量です!!!
まさかこんなに大きく載せていただけるとは最初思っていなくてびっくりしました(T-T)

ありがたいことに見本誌をいただけると伺ってはいたのですが、
我慢できずに当日深夜にコンビニへダッシュ!
すぐさま写メを撮ってスタッフさんに報告しました!

おこがましくも人生初のインタビューを受けさせていただいたりもしたのですが、
なんだかもう実感がわかないですね…。

記事を担当してくださったライターさんは
とても情熱的にお仕事をされている素敵な方でした。

お話させていただくのが本当に楽しくて、
インタビューの時は質問とは関係のない話もたくさん
まとまりなく話してしまってすみませんでした(TT)

記事ではライターさんがうまく綺麗にまとめてくださっていました。
本当ありがとうございます…。

作品の紹介文もすごく丁寧で、
嬉しくなるお言葉もたくさん書いてくださっていて、
一文一文読み進めるたびに
制作時の苦労を思い出してじわっと目頭が熱くなりました…。

評価されたくて、ものづくりをしているわけではないのですが、
こうやってなにかに取り上げていただいたり、
フェスで表彰していただいたりしたら、そりゃぁやっぱり嬉しいです。

牟奄は一ヶ月という短い製作期間でありましたが、色々なことがありました。
大変でした。

私は言いだしっぺですし、
やることは雑務ばかりだったので、大変なんて言える口じゃぁないのですが、
それでもあの1ヶ月は忙しかったです。

各役職のスタッフさん、キャストさんはもっと大変だったと思います…。
感謝してもしきれません。

記事を書いてくださったライターの戸塚さんにも、本当に感謝しています。
ありがとうございました。


そして感謝といえば、
ニコニコ自作ゲームフェスの事務局さん。
インタビューでもお話させていただきましたが、
牟奄の制作を決意したのは、事務局の方のアドバイスがきっかけだったんですよね。
本当にいつもお世話になっております。

つい先日も…といってももう2週間前になるので、
遅すぎるブログで申し訳ないのですが、
3/1に行われた、ドワンゴさん主催の自作ゲーム勉強会に参加してきまして!
こちらについてもすこし書かせていただこうと思います。

どんなことをしたのか、詳しいことは他の参加者の方がすでに書いてくださっているので
私は勉強会の感想を中心に少しお話させていただきます。

自作ゲームフェス勉強会関連ツイート

当日はスパイクチュンソフトの中村さんの公演から始まり、
他の参加者の方との意見交換、
また昨今におけるゲーム実況のについての講義など、
とても充実した内容でした。

今回は実際に他の参加者の方のゲームを会場でプレイして、
その場で感想を伝え合う時間が設けられていたのですが、
これすごく面白かったです!

実際にゲームをしながら作者の方のこだわりきいて、
だからこのゲーム面白いんだ!という改めての発見がたくさんあって、
すごく勉強になりました。

今回の勉強会に参加して強く感じたのは、
この業界の人はすごく情熱的な人が多いということ。

ただ夢をみているようにみえて、
実はとてもロジカルに狙いや拘りをもってモノを作られている。

好きだからこそ突き詰められるし、打ち込める。

素敵だなって思いました。
これすごく大事なことだと思うんです。

今回もいろんなことを教えていただきました。

また機会があったら参加したいです。
みなさま、本当にありがとうございました。



色んな人の話をきいたり、語り合ったりすると、
世界の見え方が広がりますね。
最近、ありがたくもたくさんの方とお話できる機会がありまして、しみじみ感じました。

皆さまから色んなことを学ばせていただいて、感謝しながら、
私も少しずつ成長していきたいです。





ニコニコ自作ゲームフェス4受賞!!!


久々のブログ!

また広告でてましたごめんなさいご無沙汰しております。
烏丸です!


きいてくださ~~~~~い!

探求ADVゲーム『牟奄-ムエン-』が
ニコニコ自作ゲームフェス4で
ノベルスフィア賞を受賞しました!


やったー!!!!

同イベントで、以前に蟲喰いノ哭が敢闘賞を頂いたことがあるのですが、
今回は開催4回目ということで、
フェスの規模もさらに大きくなっていて、
なんとなんとエントリー作品数423作品!!

この膨大が数のなかで選んでいただけたこと、
確立を考えたら改めて感激しました…。


実は今回のフェスの結果発表、
11月中旬にてメールにてご連絡を頂いてたのですが、
11/30の表彰式までは
SNS等での発言は控えるように(当然ですよね)言われておりまして、
嬉しい気持ちを隠しながらむずむずしていたんです。




え?

牟奄って何?

そんなゲームいつのまに公開してたの?




……って方もいらっしゃるかと思います。

ブログでは一切、作品公開について触れていなかったので…。



実は、先月中旬に、
ニコニコ自作ゲームフェス4参加作品として、
探求ADV牟奄というゲームをProject Gemから公開しておりました。




こちらのゲーム、今までのPGの作品とはちょっと雰囲気の違うゲームでして。

というのは、
物語の真相をストーリー中で説明せず、
プレイヤーさん自身で考察し、答えを見つけ出してもらうという趣旨のゲームなんです。


プレイした後に「え?」と思って
WEBサイトやブログに足を運んでくださる方も多いのではないかと思い、
皆さんに自由に考察していただけるよう、
あえてブログでだんまりを決め込んでおりました。
(私、製作小話とかでネタバレとかもうっかり口滑らしちゃいそうなので…)

なので受賞報告してからリリースしてました!なんて
順序が逆になってしまってますが、宣伝です。



コチラのゲームの登場人物、
気になる主要キャラはこちらの3人!

環(蟲喰いノ哭)、ジャネット(Vendetta)など
アルファ+βさんが演じる主人公の少年

璃玖(蟲喰いノ哭)、オーラ(Vendetta)など
レラージュさんが演じる生首オネェ

円香(蟲喰いノ哭)、アーネ(SH[IN]E)など
狩太郎さんが演じる気弱な少年


スタッフさんは、今までにPG作品に携わってくださってるクリエイターさんをはじめ、
グラフィッカー、主題歌には初めて一緒に製作させていただいたメンバーも!

総勢21人で製作いたしました!
興味をもっていただけたら是非プレイしてみてください!

ちなみにちなみに!
物語の真相を解くヒントである主題歌のフルVerも公開されました!
Etherさんありがとうございます!
素敵な局なので、こちらもぜひご視聴くださいね!
※若干のネタバレ要素を含みます






で、話を今日のことに戻します!

S__3572194.jpg

そんなわけで本日、
池袋のニコニコ本社まで行ってきました!
表彰式!

グラッフィック班の美舟ちゃんと一緒に!

会場では、前回の懇親会でお会いした雪絵のシアンさん、
幻想乙女のおかしな隠れ家のブリキの時計さんと再会。


S__3572195.jpg

シアンさんからは雪絵のピンバッチまで頂いちゃいました。
これかっこいい!


名刺交換を終えて、
緊張しながら座っていると式がスタート。

Project Gemって名前呼ばれたとき足がブルブルしました!
緊張と嬉しさで!!(TT)

表彰は壇上で、
審査員の方から直接賞状と賞品を受け取りました。

そう!
今回は入賞ということで賞状と賞品があったんですよ!!

S__3572193.jpg

こんな立派な賞状なんですよ!!!

そして気になる商品は……

連打名人!!!!!!!!!!!!!!!

これのちほどノベルスフィア様とお話させていただいた時に伺ったのですが、
連打名人をプレゼントしてくださったのには理由が…!

ノベルスフィアさんはスマホゲーム中心のプアットフォームを運営されているのですが、
この連打名人は、ノベルスフィアさん社内で活躍している自作スマホデバッグ用機器なんだとか!
ムエンはジーグイ戦の連打パートがあるので、
もしスマホゲーム開発を検討することがあったら、デバックに使えちゃいますよと!

ありがとうございます!!!
蟲の製作も次のステップに進みつつある状況で、
並行しながらスマホゲームの開発ができるか、
まだわからないのですが、いつかスマホ進出したい!




懇親会では企業さん、作者さんの方々と名刺交換やお話をさせていただきました。
中には牟奄-ムエン-をご存知だった作者さん、
選考時にプレイしてくださった企業担当者さんもいらっしゃいまして、
牟奄クオリティすごいっすね~!
1ヶ月!?
21人!?
フルボイスだし!
主題歌きれいだし!
サイトもかっこいいし!
ストーリーも作りこまれてるし!
探索パートあるし!
世界感すごくよかったですー!

ですって!
ですってスタッフさん見てますか!!



やっぱり各役職の出来や拘りについて評価をいただけた事が
すっごく嬉しかったです。
運営の皆さん、審査員の皆さん、ありがとうございました。



それにしても、
今までPGではエイプリールフールや短編企画以外、
短期期間で製作をしたことがなかったので、
1ヶ月しか製作期間がなかった牟奄はとても大変でした…。

なにが?どこが?って言うと、もう全部です。
シナリオさんも、キャストさんも、音楽さんも、ボーカルさんも、
WEBデザインさんも、グラフィッカーさんも、プログラマーさんも、
ほぼ1週間~2週間しか各自の作業期間がありませんでした。

ゲームという性質上、全体で1ヶ月製作期間があっても
全員が1ヶ月自分の役割のために時間を使うことができないんです。



もともと自作ゲームフェス4に参加する予定はなかったのですが、
締め切り1ヶ月前になって、
私が「やっぱ応募したい…」とか馬鹿なことを言い出したがために
この鬼スケジュールでの製作となりました…。


ご協力くださったスタッフの皆様、
本当に皆さん大変だったかと思います。
無茶な提案だったにもかかわらず、
協力してくださってありがとうございました(TT)




2年前の蟲のときは超会議の生放送で発表だったので、
あのときはスタッフさんとスカイプ通話しながら放送を見て、
皆でドキドキしてたな~と昔のことを思い出しました。

蟲も完成したらまたフェスに挑みたいですね。
牟奄のお陰でほかのPG作品をプレイしてくださった方もいらっしゃるようなので、
製作中の作品も完成に向けて頑張ります!

Vendetta公開しました!

そしてそして、同日2連投稿になりますが、
こちらも大事なことなので記事を分けました!




Vendettaドラマ全編WEB公開しましたーーーーーーーー!!!

イエーーーー゜。+゜(*′▽`*)。+゜。゜ーーーーイ!!


企画Vendettaはこれにて完結となります。
オリジナルサウンドに乗せての、涙あり戦闘ありオカマあり90分!
ボイスドラマに馴染みがない方もぜひ聴いてほしいです。


視聴ページにはMP3のダウンロードボタンもついています。
あいぽっどさんに入れて、通勤通学時間にでもいかがでしょうか。


また、同日オマケページにて
 ・キャラクター初期設定資料
 ・作中でのオーラの心境メモ

を掲載しました。

初期設定資料などを見ていただけるとわかるとおもうのですが、
Vendettaは「ハードボイルドでヴァンパイアで相棒な話作りたい!」っていう
私の非常に雑なフリで始まりました。

もうどれだけ一陽さんが苦労して
この脚本を書下ろしてくださったことか…(T-T)


製作裏話になりますが、
シナリオ製作のとき、一陽さんはすごくたくさん質問を投げかけてくださるんです。
「ここはこうしたらどうでしょう?」「こういう解釈であってますか?」とか。

私の思いと、キャラクターをすごく大切にしてくださる方なんだといつも思います。
でも、作者の好みに合わせるだけでなくて、
一般的に納得できる話の流れをつくり、ちゃんとオチまでつけてくださる。
私の妄想話を、ちゃんと物語として完成させてくれるんです。

だから自作品贔屓じゃなくて、
ちゃーーんとVendettaは聴きごたえのある作品になっていると思います。


そして実は、夏コミ86でもパッケージ版を無料頒布していましたVendetta。
佐藤ねこ丸さん(蟲:百合子役 Ve:シェリー役)のスペース
ねこの住処。で、少数ですが委託をお願いさせていただいてたんです。

__ 3

本編ディスク2枚+サントラディスク1枚
DVDトールケース 

デザインもみて!ほら!こんなにかっこいい!!!!

__ 4

もともと有料頒布を予定していた作品ですが、
作品でお金をとれる自信がないから無料にしたわけではありません。

自身をもって公開できるくらい満足のいく作品だからこそ、
制限なく一人でも多くの方に聴いてほしい。
その思いから、無料公開という形に変更させていただきました。


長編ボイスドラマはProjectGemでは初挑戦だったので、
初めてづくしに苦労したことも多かったのですが、
なんとか完結させることができました。

これもひとえに、スタッフ・応援してくださった皆様の
お力添えのおかげと深く感謝しております。

トラブルもあり、完成予定が延びてしまった事もありましたが、
最後まで完成を信じてお付き合いくださり、ありがとうございました。


無事完成できたのでからすまるんたった踊りしますね。

るんたった!
るんたった!!
るんたったったっるんたっへい!!!


おんがく の Sharuさん が
これ おどれ ば げんき が でる って いってた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。